ワールドメイトに関する議論掲示板 154646


確認です

1:わか :

2009/11/26 (Thu) 15:05:41

元会員さんのプログのコメント欄が、書き込めないのですが。
「書き込み制限を受けています」と表示されます。何かあったのかなと心配しております。情報知ってる方教えてください。
47: :

2013/03/09 (Sat) 06:58:19

この投稿は管理者の承認待ちです
46: :

2012/12/02 (Sun) 14:43:03

この投稿は管理者の承認待ちです
45:分身の術 :

2012/10/27 (Sat) 01:16:31

何というか・・・スレッドが多く立ち上がっているために、情報が分散してしまっているように思えます。
以前のように一つにして全ての情報を皆で共有する方法は対応が大変なのでしょうか。
管理人様が大変になるようなら、この方法でもかまわないと思いますが・・・、いまいち昔のように書き込む気が沸きません。
気持ちが分散し、どこに書くべきか悩み・結局書かずじまいのかたも多いのでは???
エロコピペなどの嵐は管理人様が定期的にまとめて削除なされば・・・。
携帯で見られる方は読みにくいと思います。可能でしたら以前のようなスタイルを希望します。
書き込みも激減しているように思えます。弁護士のホームページの中にある掲示板は、個人で立ち上げたブログより安心して書き込める利点を大いに生かすべきだと思います。
ご検討のほど、宜しくお願い致します。
44:fomula1acircuit :

2010/10/22 (Fri) 21:30:33

すみません。
掲示板を間違えました。
スルーしてください。
43:fomula1acircuit :

2010/10/22 (Fri) 21:17:04

あ、それから前にもワールドメイトの工作員(なんで工作員っているの?)だとか言われたこと
があるんですよー。
でも007みたいでカッコいいとかって会話をしたことがあります。
007だったらカッコいいけど、わたしにはム~リ~。
42:元会員修です :

2010/09/29 (Wed) 09:31:48

センテンナムフルホビルを女友達に教えて、女友達がセンテンナムフルホビルを唱えてたら、病気になりました
41:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/04/24 (Sat) 09:27:53

http://www.leonardo-toshu.jp/nack5.html/?p=58
http://itunes.apple.com/jp/podcast/id366261504
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%82%AA%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%83%89TOSHU%E3%81%AE%E9%81%8A%E3%81%B3%E3%81%8CNight
またメディア・有名人が利用されているようです!
40: :

2010/04/22 (Thu) 02:14:57

この投稿は管理者の承認待ちです
39: :

2010/04/22 (Thu) 02:06:56

この投稿は管理者の承認待ちです
38: :

2010/03/26 (Fri) 10:34:25

この投稿は管理者の承認待ちです
37:カルゴ :

2010/03/12 (Fri) 01:33:04

プリン食べたくなっちゃうかも・・・(笑)
一般の方のtweetにて発見!!!
こないに有名やったら、ある意味広告の成功例かっっw

みすず学苑、しばらく見ない間にスケールアップしている…この大量のプリンは何 
http://www.misuzu-gakuen.jp/
36:flat :

2010/03/09 (Tue) 19:23:50

【訂正】
上記検索ページは、表示が重くURLが長いなどで、移転・短縮されました。
改めて以下のURLで、ご活用お願い申し上げます。
http://truth39.peacers.net/
35: :

2010/03/07 (Sun) 10:59:38

この投稿は管理者の承認待ちです
34:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/03/04 (Thu) 04:25:20


以上、パクスさんの『ワールドメイトの倉庫』の「年表」や、ここの「Remember Requiem」スレなどにもあるように、ワ-ルドメイトでは何人かが(死因は神意つまり自然死のように称され)不審な死を遂げた。また報道者や疑惑告発者が、恫喝的訴訟やサイト閉鎖などに追い込まれてきた。なぜか。

それぞれの出来事は異なるが、多くの結末は特定の証言や言論の機会が、失われたという共通点がある。言論封殺や口封じとは、公にしたくない疚しい事を、力や金で隠すものだ。

もし不審な死者や自由の侵害があってまで、何かが隠滅されたなら、知られてはかなり不都合ことが、やはり実在するのではと、考えさせられる。

問題の核心を知っていても、記録と周知をしなかった大人しい人には死を選ばせ、問題提起をしていた人には、名誉毀損名目の高額強迫訴訟をすればいいと踏んだのだろうか、と邪推したくなる。

でももし仮にそういう意図があったとしても、これからはそうは問屋が卸さない。すでに、多くの方が実態や問題を告発してくれたからだ。色んなサイトや世界中のパソコンに、証言や資料や残った。証人を殺したり脅したりする程、証言や資料に耳目が集まり、かえって自らの首を絞める。

また、最近の人はネットもあって、平和ボケを卒業し、上位ブログなどで裏社会の力学も知っている。信仰を持っていても、宗教活動の金権構造や裏目的などは見抜けたりする。甘い汁は、もう吸えないということなのだ。

 Φ Φ Φ

つまり何が云いたいかと申しますと、
前述の「記録」を「共有」する程、危険が減り、問題も縮小するということ。

独裁者は、悪事を少数者しか知らなければ、少数者を迫害して証言を潰そうと考えやすい。少数者はタブーを見て見ぬふりすると、いつか危険に晒されかねない。ならば逆に、大勢で記録し、告発し、共有して、危険回避しましょう、ということ。

特に危険な情報は、迫害リスクを一気に分散するために、
匿名にできて、初めから多くの方が閲覧してくれる、
退会者系の掲示板やブログのコメント欄などへの投稿が無難かと思われます。
閲覧者も、公共の安全に繋がるコンテンツは、
できればパソコンやディスクにバックアップしておくのです。

みんなで「告発」「共有」すれば、身の安全を図れ、潜在的な被害者も助かるのだ。
33:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/03/04 (Thu) 04:13:15

1993年(平成5年)村○氏脱会/6月『新雑誌』/7月『ゼンボウ』/セクハラ裁判
1994年(平成6年)元信者夫妻に霊感商法で告訴される/『微笑』/『ゼンボウ』/脱税容疑で国税局の強制捜査を受けた際、幹部が七福神のコスプレで反論記者会見を行なった。
2000年(平成12年)雑誌『サイゾー』名誉毀損提訴・
2002年(平成14年)R氏裁判/ワールドメイト被害救済ネット」発足/JBBSぜんじ軍とウィルス被害で閉鎖
2003年(平成15年)根本氏裁判/プシコ裁判
2004年(平成16年)K氏死亡
2005年(平成17年)「ワールドメイトその虚像と実態」メール被害により閉鎖/T氏夫妻裁判
2007年(平成19年)関東の九頭○師会のSさん死亡
2008年(平成20年)精神障害保証人制度発足
2009年(平成21年)栂○繁○氏死亡/有名元支部長N山氏死亡/ア○ール閉鎖
 (抜粋です。詳しくは、ttp://ritpas.ho-zuki.com/nen.html をどうぞ)

32:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/02/19 (Fri) 03:28:22

(続き)コメント:
(↑スパムだらけ、つまり必死で阻止したいようで、それだけ意義深い記事みたい)

44. flat 2009年11月30日 02:58
>私は、もっと簡便な形を望むなら、ブログの活用もいいかも知れないと思っています。

雌鶏ブラスバンドさん、お久しぶりです。
なるほど、そういえばブログやSNSのコミュニティページは、
ページを非公開に設定できれば、個人的な記録にも使えますよね。

また投稿時間が自動的に記録されるので、
活動内容や費用対効果の記録とかに専念しやすいかもですね。

さらに、携帯電話のメールで投稿できるサイトならば、
電波の来ないところで書けて、
送信すると送信箱にもバックアップが保存されて、
サイトへの接続は短いのでバッテリの節約にもなり…と、
なかなか良さげですね。

ただ、サイトをあまり知らず、検索結果
ttp://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%96%E3%83%AD%E3%82%B0+OR+SNS+%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB+%E6%8A%95%E7%A8%BF+%E6%A9%9F%E8%83%BD+%E8%A8%AD%E5%AE%9A+%E3%83%98%E3%83%AB%E3%83%97&lr=lang_ja&num=100
だけ添えます。

もちろん、人それぞれのやり方があり、
記録なんて無用と確信している方もおありでしょうし、
とんだお節介とお叱りを頂きそうです。

ただ、もしよければでいいのです。
老婆心ながら、信仰をするなら悔いのないものにして欲しいだけなのです。

 Φ Φ Φ

ps:さらに、この動画
ttp://www.youtube.com/watch?v=gkLpfwJ1jqA
は、複数の裁判で「証拠採用」されたといいます。

書くのが大変という人でも、映像で「動かぬ証拠」を残しやすく、
被害の防止に活躍できそうです。

公益性に資する「記録」は、みんなの権利です!
31:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/02/19 (Fri) 03:16:17

最近は、上層部や組織の「言動」や、何処の誰とどう「関係」したかなどの矛盾や疑惑が、いろんな方の「記録」によって浮き彫りになり、無自覚または潜在的な被害者の多くが助かっているのでは、と思います。

そんな「記録」といえば、サルわかさんブログの「記録しましょう」の記事やコメントも参考になるかも。
ttp://blog.livedoor.jp/mendori99/archives/50872739.html より抜粋させて頂くとー

想像してみてください。
たとえば、とある人の親が病気で倒れ、介護する事になったとします。

親のことを考え、その家の長子が何年も介護して、そして何年か後に大往生を遂げた…。
幸せな人生の終末を迎え、この世を去った親、そして残された子供達。
その親に幾ばくかの遺産があったとします。
その分配は、どのようにすれば公平でしょうか。

当然何年も介護した長子が、より多く受け取るのが道理でしょう。
しかし長子が、介護にかかった経費や手間などを詳細に記録していなければ、遺産相続の話し合いの場で自分の主張を明確化できず、話し合いが紛糾することも考えられます。

もし会員が、ワールドメイトと相対する時、自分が今までどれだけワールドメイトに貢献してきたのか、きちんと証明できる記録がなければ、ワールドメイトはおそらく一番簡単な方法で対処するでしょう。
または対応を求めようとしても、その対応がどのようなものになるか、容易に想像でき、意見することすら諦めてしまうでしょう。

記録はとても重要です。
ワールドメイトの側でも記録してあるはずだから、自分が記録しなくても何も問題はない、などとは、決して考えないでください。

情報とは必ず自分に有利な形で供出されるはずです。
記録すること、これは自己責任なのです。(続く)
30:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/29 (Fri) 02:36:31

>【注意】

<反省1>あはは。リンク先のコンテンツを、何回か変更してしまってお手数を掛けちゃったし、コンテンツが長時間動画のライブラリで、内容確認が事実上不可能だったし、いずれもカゲキな内容でした。すみません。

<反省2>また、外部リンクによる訪問者の散逸は、法曹界にとって多大な損失かもしれません。この掲示板は、被害者が相談や訴訟を依頼するのを促すことが、主目的なのでしょう。

<提案1>ただ、対象を自覚した被害者だけに限定しないで欲しいな、とも思います。被害に遭った会員関係者からすれば、もうこれ以上同じ憂き目に遭って欲しくない。現会員や、ワの本を読む人、スピリチュアル・ブームに乗ったりする人が、脳裏をよぎる。

無自覚あるいは潜在的な被害者にも、F氏やワの実態や動向などを知らせなければ、という切迫で、一念発起。御魂が傷つく、悪霊にやられる、などといわれていたインターネットに、向かう。

しかし、一方的に改竄されるウィキペディアや、荒らしや過去スレの非公開で、自由に見られない掲示板その他では、告発が永続しない。

そこに、この掲示板。幸いなことに、信頼のおける管理人が情報や発言を厳選され、実情を知る判断材料が、集まりつつありる。

この信頼性と被害者の生の声、組織では脅されて眩まされた情報、そして継承性。ここに、とてつもない存在価値があるのです。

<提案2>ただ欲を言えば、投稿した情報を訂正したり、時期に合わせて更新したり、それなりの情報量を投稿したり、引用元を提示して信憑性を閲覧者に判断してもらったり、活字離れの方にも重要な動画などで、危険性を認識して欲しかったりします。

ですので、文字だけでなく、外部リンクも、やはり必要ではないでしょうか?それによって、効果も高まるのではないでしょうか?もちろん、コンテンツ提供者の責任ですが。

この信頼性の高い掲示板には、外部リンクの利用や、被リンク・検索対策など、インターネットの総合力や周知力を最大限発揮されて、被害の議論、相談・弁護の促進にとどまらず、問題や危険を原因から周知・防止できるよう、これからも取り組んで欲しいなと思いますが、みなさんはどうでしょうか。

私も承認が得られるまで、リンク先のコンテンツも厳選・改善しますので(ヘヘ手)。
29:管理人 :

2010/01/26 (Tue) 20:02:35

【注意】
発言内にあるリンク先の安全は、当方では保証しかねます。
今後のURL付の投稿につきましては、承認の検討をする予定です。
既に表示されているリンクも含め、他のサイト同様に充分ご注意ください。
28: :

2010/01/26 (Tue) 06:52:16

この投稿は管理者の承認待ちです
27:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/23 (Sat) 23:05:32

(続き) 第二次世界大戦が終了すると、米国は兵器を生産する過剰な工場設備を持て余し、兵器の大量の在庫を抱え、不況に陥る。「何とかして、どこかで、戦争を起こさなければ困る」状況に陥る。この兵器の「はけ口」として、米国軍事産業は、イスラエルの独立を「強力に推進」し、イスラエルとアラブとの間の戦争を「作り出す」。イスラエルとアラブ人の相互の「虐殺」に、米国は余った兵器を「流し込む」。この中東への余剰兵器密売の中心となる、「イスラエル独立支持派」の代表がクライン将軍であった。この兵器密売には、核兵器技術も含まれていた。

第二次世界大戦後も、軍事産業のために「戦争を継続」し、またイスラエルを建国し、核武装させるという、クラインの深慮遠謀が、後の大物政治家ヘンリー・キッシンジャーを産み出す事になる。

 戦後、ソ連と米国が激しく対立する「冷戦」が開始され、この2つの大国は「核兵器の開発競争」を展開する。2つの大国が、国富の全力を傾け、人類を数万回、絶滅できる核兵器を大量生産する。2つの大国が、国富の全力を傾け、ロスチャイルドの生産する核兵器原料の「購入競争」を展開する。この「人類絶滅のための、ビッグ・ビジネス」を、ロスチャイルドの手足として担当し、ロスチャイルドのウランを「対 立する米国、ソ連両方に密売した」、「ザ・トラスト」と呼ばれる密輸組織のマネージャーが、クライン将軍によって育てられたヘンリー・キッシンジャーである。

「ザ・トラスト」のメンバーには、息子がノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア父子、クリントン元大統領夫妻、ブッシュ=ロックフェラーのハリマン銀行の会長エイブリル・ハリマン(ソ連・フルシチョフの親友)、ソ連共産党の生みの親レーニンの親友でオクシデンタル石油創立者アーマンド・ハマー(この企業の副社長が父アル・ゴ ア)が居た。

 この密輸組織の中で、核兵器原料のウラン鉱山を多数経営していた南アフリカのオッペンハイマー一族を親類に持つキッシンジャーは、南アとの重要なパイプ役となる 。

この南アは、かつてオランダの支配下にあった。しかし英国との戦争で敗北したオランダは、南アを失う。そして故郷オランダに帰国しても仕事のない貧しいオランダ人達は、南アで、半ば英国の奴隷のような傭兵になって行った。黒人と同じく、奴隷として差別されながら、英国人の代理人・管理人として黒人奴隷を「支配」するオランダ人傭兵。この奴隷と支配者の両面を持つ2重スパイ=オランダ人傭兵は、故郷を失った「さまよえるオランダ人」を意味する「ボーア人」と呼ばれた。

第二次世界大戦中、クライン将軍の命令で逮捕され、SRIで、すさまじい「洗脳教育」を受け、ソ連のスパイでありながら、同時に米国OSS(CIA)のスパイであるという「さまよえる」2重スパイとなった、ヘンリー・キッシンジャーのスパイとしてのコード・ネームは、「ボーア」であった。

注1・・・このパープル・ギャングの顧問弁護士が後に、サブプライム問題の発端となるジャンクボンド(ゴミクズ債券)の手法を生み出すアラン・グリーンスパンを、ニューヨークの金融業界に紹介し、長年FRB=米国中央銀行議長となる人物を育て上げる。また、この顧問弁護士の弟子アンドレ・マイヤーは、後に、ケネディ暗殺後の大統領一族の管財人となり、事実上、ケネディ一族の財産を「独占支配」し、ケネディ暗殺の「利得を独占」する。暗殺も含め犯罪捜査の常道は「最も犯罪の利得を受けた者が犯人」である。そして、このマイヤーは、環境問題でノーベル「平和賞」を受たアル・ゴアの顧問弁護士である。なお、このマイヤー一族は、金で殺人を請負うイスラエル・マフィア「殺人株式会社」の創立者の1人でもある。

ps:「北朝鮮が攻めてくる」ということで、岩木山を皮切りに「国防神業」が行われたっけ。
「ヘンリー・キッシンジャーの台所は便利なキッチンじゃ~」(汗)というダジャレを作ったので憶えてる。
岩木山やキッシンジャーには、阿修羅王だかさそり座アンタレス星の神だかが降りていて、
戦争を止める働きがあるなどといわれ、みんな各地に結集したのは、本当は何の為だったのでしょうね。
元・会員さんのご指摘どおり、リチャード・コシミズ氏の似非右翼・ユダ金説の無料動画で、企みがわかるョ。
26:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/23 (Sat) 22:24:27

http://alternativereport1.seesaa.net/article/107686887.html
2008年10月06日 二重スパイ=ヘンリー・キッシンジャーの正体

 第二次世界大戦中、OSS(現在のCIA)で将校用の自動車運転手をしていたヘンリー・キッシンジャー。ある日、偶然、米陸軍のジュリアス・クライン将軍の車を運転する事になったキッシンジャーは、クライン将軍に英語の発音の「ナマリ」に気付かれる。クライン将軍が詰問すると、青年キッシンジャーは、ナチスの迫害を逃れ、米国に亡命してきたユダヤ人であると説明した。クラインもユダヤ系であり、将軍は色白な好青年キッシンジャーに好感を持つ。部下にキッシンジャーの過去を調査するよう命じたクラインは、その後、驚くべき調査報告を手にする。

 キッシンジャーは1938年、ナチス・ヒトラーの支配下にあった東欧から、米国に亡命していた。しかし36年には、既に全ての東欧のユダヤ人達は、強制収容所に幽閉されていた。キッシンジャー「だけが」、何故、ナチスの手を逃れ、米国に亡命出来たのか。国家社会の隅々まで監視体制を敷いたヒトラー支配下では、通常では亡命どころか生き延びる事さえ不可能であった。

 考えられる理由は一つであった。当時、東欧には、ナチスによる強制収容所送りを逃れ、逃げ惑うユダヤ人達を救出する地下組織が、存在した。その地下組織の正体は、ソ連のスパイ組織NKVDと、ソ連軍・情報部GRUの第四局、つまりスパイ養成所の2つであった。NKVDは、逃げ惑うユダヤ人を救出し米国に亡命させる代わりに、ソ連のスパイになる事を「強要」していた。それが米国にユダヤ人を亡命させる際、ソ連情報部の要求した「唯一の条件」であった。そうしたスパイ達が、多数、米国に送り込まれていた。

クラインは即座にキッシンジャーを逮捕し、SRIに送り込んだ。

 第二次世界大戦中から、米国政府とOSS(CIA)は、麻薬と脳の切開手術等で人間の思考を強制的に変更するマインド・コントロール技術の研究施設を持っていた。そのマインド・コントロール研究と、人格の「矯正手術」の中心地が、スタンフォード大学のSRIスタンフォード・リサーチ・インスティテュートであった。キッシンジャーは、そこに送り込まれた。

SRIのプロ達によるキッシンジャーへの様々な薬物投与、すさまじい拷問等の結果、キッシンジャーがソ連のスパイ組織NKVDのスパイである事、NKVDの「スパイ教育の過程」でキッシンジャーの思考能力が破壊され、人格が分裂症状気味になっている事、そのため一見、無能で行動力の弱い夢遊病患者状態になり、「自動車の運転手程度にしか使い道の無い」人間になっている事等が判明したと、当時のOSS防諜局長ジェームズ・ジーザス・アングルトンは報告書で述べている。

 クライン将軍は、キッシンジャーが南アフリカの金鉱山経営一族オッペンハイマー財団の末裔である事に注目する。オッペンハイマーは、ウラン鉱山をも多数経営し、核兵器原料を大量に生産していた。後に、イスラエル最大の軍事産業アイゼンベルグ社で、核兵器開発の中心人物の1人となるクラインは、キッシンジャーを、核兵器原料調達係り、として「利用できる」と判断した。

この目的の下、キッシンジャーはSRIで、さらに「矯正」と「教育」を受ける事になる。

 クラインは、既に第二次世界大戦後におけるイスラエル建国を念頭に、OSS戦略事務局のナヒューム・バーンスタイン等と共に、イスラエルの独立軍(これがパレスチナ在住のアラブ人から強制的に土地を奪う組織となる)、そしてイスラエルのテロ組織ハガナの訓練学校をニューヨーク北部に作っていた。

クラインの活動資金は、20年代からニューヨークで密造酒を密売していたパープル・ギャングと呼ばれるユダヤ系マフィア組織の売上金を、エルサレム財団と言う名の財団を通じ資金洗浄し、捻出されていた(注1)。
25:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/23 (Sat) 22:11:18

http://alternativereport1.seesaa.net/article/138947375.html 抜粋
2010年01月21日
オウム真理教と共に、麻薬・ピストルの密輸で金儲けする日本警察・検察

 麻薬、神経ガス等を使ったマインド・コントロールは、元々、ナチスが開発しCIAが発展させたものだが、70年代はCIAと米軍により、病院や刑務所での強制的人体実験が繰り返された。

 80年代に入るとCIAは、人体実験の場を「カルト宗教」に限定するという方針を明確に打ち出す。そしてCIA自身が世界各地でカルト宗教の「経営」に乗り出し、カルトを人体実験の「草刈り場」に使い始める。

 通常では入手出来ない薬物、 麻薬、神経ガス(毒ガス)をカルトが使用していたら、そのカルトが米国の諜報機関と軍隊の「人体実験の場」であると考えるのは世界の常識である。

 この問題を誤魔化し隠している日本の「オウム真理教ジャーナリスト」と称するマスコミ人の犯罪性は、厳しく非難されなくてはならない。

 ソ連崩壊後、ロシア軍がこのマインド・コントロール技術を著しく発達させている事が分かり、ロシアに近い位置にある在日米軍と自衛隊がこの面では先兵として、ロシア軍と急速に協力体制を作って来た。

 長野県松本市で起こった松本サリン事件では、毒ガスの異臭がしたと言う住民の証言が多数あり、無臭とされるサリンとは別の複数の毒ガスの人体実験が行われた事は明白である。それら複数のガスはオウムが所持してはいない物であり、警察の強制捜査でも「発見されては居ない」。

オウムは各地で地域住民とトラブルを起こしていたが、松本市にはオウム支部は無く、わざわざ遠隔地の松本にまで出向いてサリンを散布する「必然性は無い」。

 地下鉄サリン事件の前日と前々日には、防毒マスク・メーカーの重松製作所の店頭株式が大量に防衛庁関係者によって購入され、サリン事件で大幅に値上がりした株式を売却し、防衛庁関係者の巨額の「裏金」となったのは何故なのか?

地下鉄サリン事件前日に、自衛隊と機動隊で毒ガス事件対策訓練が行わたのは何故なのか?

 オウムの事件をオウム単独犯とし、自衛隊、ロシア軍にまで捜査を及ぼすなという脅迫として、事件当時、警察庁長官が自宅マンション前で銃撃されている。

 松本市とオウムには「全く関連性は無い」が、松本市には自衛隊東部方面隊、第12師団第13連隊が駐屯している。これは毒ガス部隊である。松本サリン事件の犯人が「誰であるか」は、明白である。

 なお、オウム真理教を「指導」していたのは、ロシア軍のマインド・コントロール研究所モスクワ・メディカル・アカデミーとロシア精神矯正研究所のイーゴリ・スミルノフ博士と、CIA直轄とも言える米国のロスアラモス研究所(広島に落とされた原爆を開発した研究所)のジャネット・モリス博士であり、ロシア軍の精鋭マインド・コントロール部隊、グラーブノエ・ウプラエフレーニエ・ストラエジチェスコイ・マスキロフスキー部隊(戦略的偽装工作部隊)である。
24:アルプスハイジ :

2010/01/10 (Sun) 19:03:27

明けましておめでとございます。
新年の神事も終わり、今年もはや10日が経ちました。
管理人様、ブログに参加するみなさま、今年もよろしくお願い致します。
今年も皆様にとって、幸多き1年でありますよう、お祈りさせていただきます。
23:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/10 (Sun) 06:22:52

かるとみくじ
http://neko2.net/aaaaa/
22:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/08 (Fri) 01:25:34

<下落合国際政治情報部のHPより>/心の自由/12.ファシズムと終末思想
http://www.geocities.jp/sonomama_da/simo-ochiai12.html

では、なぜカルトのメンバーはあらゆる自由を奪われてしまうのだろうか。
カルトにあるのは 「絶対的服従と恐怖」だけである。

といっても、本人にはその自覚がなく、あらゆることを自分で決定でき、非常に満足した人生を送っていると感じているはずである。その生き方が、結果的にカルトの指向性と同じであるだけなのだ。

しかし、客観的にはあらゆる行動パターンがリーダーをそのままコピーしたものである。これは、歩き方から足のくみ方、顔の表情、しゃべり方だけではない、息のすい方まですべて同じになってしまう。

というのは、そのカルトでの成果、たとえば新会員の獲得などのさまざまな活動で期待された効果が出ない場合は、すべてマニュアルどうりやっていない、いわれた通りにしていない、という個人の責任に転嫁され、言い訳は一切許されないからである。

成果がでないのは、それは本人の努力が足りない、あるいはやり方が悪い、勉強が足りないということになり、それ以外の可能性は一切考慮されない。

そうしないと、そのカルトは正しいという前提が崩れてしまうからである。なんらかの問題が発生した場合は、すべて個人の責任であり、カルトの問題ではない、ということにしておかないと、都合が悪いのである。したがって、リーダーのすることを丸ごとコピーすれば目的が実現できると思い込まされ、実際にそうする。

さらに、それに拍車をかけるのは恐怖である。カルトはあらゆる手段を使って恐怖感を植え付けようとする。組織に絶対服従して理想を実現しないと、「とんでもない災難」がおこると信じ込ませるのである。

この一例が終末思想である。現実社会は矛盾だらけで希望がない。いずれ現体制は破綻する運命にあるのだが、そのときまでに備えておかないと生き残れないという恐怖である。あるいは、敵が攻撃している、最終戦争がおきるなどというあらゆる恐怖感を動員する。

マインドコントロールの総仕上げは恐怖である。

人に心理的操作をくわえても、最終的には自己保存の法則が働くので、極端なことはできないという説がある。つまり、自殺や殺人の命令は拒否するということである。ところが、恐怖という情報をインプットしてしまえば、このようなハードルも越えてしまう。

これは例えば、ビルの五階から飛び降りるような命令は実行しないが、その部屋が火事で飛び降りる以外に方法はない、という情報を与えれば飛び降りてしまう、という意味である。

逆にいえば、そのような硬直した体制、「極端な服従や恐怖をあおるようなこと自体」が(市民や社会の権利や財産を侵犯する脱法性と危険性においても)、そのカルトが正しくない証明なのである。
21:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/08 (Fri) 01:08:42

<下落合国際政治情報部のHPより>/心の自由/7.素晴しきカルト
http://www.geocities.jp/sonomama_da/simo-ochiai7.html

カルトは素晴しい。カルトグループに入ると素晴しいパワーが手に入る。病気が治り、争いごとがなくなり、貧困問題が解決するのである。わたしは、病気を治してもらった。騒動が解決した。収入や成績があがった。友達ができた。人生がかわった。カルトのメンバーは口々にそういう。

そういう話しを聞いたときに、それは迷信だとか、非科学的だとか、狂信的だとかいって即座に否定してはいけない。実は、そのような現象は実際におこる。

現代のカルトは科学的な要素を取り入れているので、なんらかの効果がでてくることは実際にありえる。マインドコントロール自体が、心理療法として効果があることは科学的に証明されている。

まず、こういう不思議な現象は実際におこるということを知っておく必要がある。常識的には奇蹟はおこらないと考えがちなので、理屈では説明できない現象が実際におきることがわかると、そのカルトにはまってしまう可能性がある。そのような現象はわりとありふれたことなのである。

奇蹟はおこる。ただ、正規の療法をおこなった方が効果があり、お金もかからないし、安全だというだけのことである。神秘体験もおこる。カルトの極限状態は、体内に麻薬に似た物質を発生させる。実際、カルトは「それ自体に魅力がある」からこそ、はまってしまうのである。

なんらかの原因でカルトから離脱しても、問題そのものが解決するわけではない。似たようなカルトを渡り歩いたり、自分でカルトをはじめてしまうケースもある。カルトをやめたあとの心のすき間をうめるために、アジアや中南米を放浪するケースもある。

まさに「カルトは麻薬」なのである。カルトによって得ていた快楽を、今度は本物の麻薬や女で得ようとするのである(一度味わった快楽のさらなる追求)。全共闘世代のアジア放浪者は実に多い。

また、否定されることをカルト勧誘者は待っている。カルト勧誘者にとって、そのような反応は予定されているのである。カルト勧誘者は、その最初の否定の一言がほしいのである。

バナナの話しを思い出してほしい。カルトのマニュアルは、否定されることを前提として成立している。肯定させることは難しいが、否定させることは簡単である。そうした常識的な行動原理を計算してマニュアルは作成されている。
20:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/08 (Fri) 00:37:53

活字だらけではいかんので、凶党霊団の巣窟の筈の、
2ちゃんねる【賛成?】管理教育【反対?】
http://namidame.2ch.net/test/read.cgi/edu/1237684458/ より。
カルトとわかるとイカでもいかる以下の話もいかがw。

302 :”管理”教育校の実体:2009/12/10(木) 02:03:46
『マインドコントロールへの落とし穴!』(動画)
○ カルト信仰とは・・・脱会することに恐怖感を持つ信仰
http://www.youtube.com/watch?v=LdmiT_vcePQ
① 強制せず、さも自分の意思で
http://www.youtube.com/watch?v=MtUoMgY223I
② 慈善行為のアピール
http://www.youtube.com/watch?v=WYOg2avdPrE
③ 強制のない集団圧力
http://www.youtube.com/watch?v=zyWU2ix8uBU
④ カルト教団
http://www.youtube.com/watch?v=D0AKB5NIf4o
⑤ 脱会者の体験談
http://www.youtube.com/watch?v=cTFXCo1T1q8
⑥ カルト宗教脱会者の告白~手相など
http://www.youtube.com/watch?v=VGUTqv2SuvQ
⑦ 対策
http://www.youtube.com/watch?v=cvyUigQ13hU
19:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/07 (Thu) 19:04:13

<下落合国際政治情報部のHPより>/心の自由/10.カルトの体質
http://www.geocities.jp/sonomama_da/simo-ochiai10.html

まともな団体かそうでないかを判断するのは難しい。

まず、いかがわしい団体に関係している人でも、この文書を読んでもどこか別世界で起こっているような出来事にしか考えられないはずである。その団体は正しいからである。カルト内部の人間は、その団体がカルトであることは認識できない。

これは非常にやっかいな問題で、世間一般から見ていかがわしい団体でも、それは悪が作り上げた勝手なイメージであり、そうやって悪口を言われることは あらかじめ「予定」されている。悪口を言われるほど、自分たちのイデオロギーが正しいことの証明になるわけであり、彼らのエリート意識をかきたてるだけである。世間 ・マスコミから総攻撃されようとも 「本物だから叩かれるんだ」 という切り札?がある。

なにしろ、彼らの歴史は受難の歴史なのである。頭ごなしに間違っていると批判したところで、そういう批判には耐えられるようになっている。彼らのイデオロギーが正しいと仮定して論議をすすめると、打開の糸口になるかもしれない。「あなたの団体は正しいのなら、こういうことはしないのではないか」という方向で議論する。

まず、まともな団体は”情報統制”をおこなわない。

これに対して、カルトは、「本当にこちら側が知りたいことにまるで答えてくれない」という特徴がある。さらに、メンバーに伝えられる情報も統制しようとする。勧誘の時点では、それが勧誘であることに気付かせない。内容がわかりづらい。あるいは偽装する。

たとえば、偽装団体である。ある団体の下部組織で、主要メンバーから運営方針までコントロールを受けているのに、当方は○○とは一切関係がありません、という。こういう団体に限って、○○と関係があるんでしょう、というと必死になって否定するはずである。これはかなり手がこんでいて、団体のメンバーであることは公表させないようにして、一見して関係がわかりずらい下部組織のメンバーであることは言ってもよいことがある。

個人的見解は明かさないのが普通であるが、これは個人的立場というものが存在できないからである。また、メンバーが外部の情報にふれさせないようにする。これは意図的にそうする場合、たとえば○○は見るな、という指示をすることもあるが、とにかくなにかやることが多いので、「結果的に情報不足」にさせる。

カルトのメンバーは世間でなにがおこっているのか知らされないし、現に知らない。知りたいとも思わせない。とにかく、カルトのメンバーは一見して情報をすごく持っているようにみえるが、実際にはそれはかなり限定されたものである。

その団体のイデオロギーが本当に正しいのなら、類似した他の団体のメンバーとの接触や、元のメンバーとの接触もしていいはずであるが、そのようなことは認めない。”メッキがはげてしまいそうなこと”は一切させないのである。

とにかく、カルトの公式イデオロギーや、宣伝、許可されたものしか外部には公表できないし、また、自分も見ることができないようにされる。

もちろん、これが企業活動や、市民のプライバシーをもっている公的組織などならある程度の秘密があるのは当り前だが、公的組織や企業などでも、可能な限りの情報公開をすすめるのが望ましいのは言うまでもない。
18:他教工作員とお呼びっy~ :

2010/01/07 (Thu) 18:51:42

<下落合国際政治情報部のHPより>/心の自由/2.洗脳との違い
http://www.geocities.jp/sonomama_da/simo-ochiai2.html

まず、強調したいのはマインドコントロールは洗脳とは違うということであり、マインドコントロールを受けた本人が気付かないくらい巧妙だということである。だから、自分は洗脳されてないのだから、(監禁されたりしていない)マインドコントロールを受けていないのだと確信を持てる人が、実は危ないのである。

また、マインドコントロールはそれ自体ある程度の教育プログラムを保有している団体では、程度の差こそあれ実施しているのだということである。その団体が実施しているマインドコントロールがどの程度有害なものかを客観的に観察できる能力が必要なのである。

たとえば、あるテレビ番組が写し出している光景はまさにマインドコントロールの現場そのものだった。主催者は二つのバナナを取り出して、観衆にどちらがいいですかと問いかけている。
 a.形が悪く小さい。値段も高い。
 b.形が良く大きい。値段も安い。

実は、その主催者が売り込みたいのはa.のバナナなのだが、誰でもほしがるのは b.のバナナなのである。あたり前のことだが、a.がほしい人という場面で手を上げる人はいなくて、b.がほしい人はいますか、という問いかけに手をあげる人がほとんどである。

つまり、いったんここで観衆に、主催者の売り込みたい方の商品を拒否させているのである。あくまで観衆が自主的に選択させて「強制はない」という雰囲気を作り上げたいからである。消費者というものは何かを売りつけられようとすると自然に拒否反応がでるものである。最初にb.のバナナを選ばせた段階で観衆はすでに主催者にコントロールされているのである。

ここで主催者の仕事は半分終わったも同然である。

a.のバナナについての解説がはじまる。 このバナナはある発展途上国の農民が無農薬・有機農法で一生懸命作ったもので、環境にやさしく、このバナナを買うことによって農民の生活が潤うということを強調する。ここで生産コストの高いことも説明するのである。

もったいぶって、『こちらが皆さんが選んだほうですが。』という前置きでb.のバナナを解説する。b.の方は確かに安くてみてくれもよいが、これは大企業が農薬を使って大量生産したもので、環境に悪影響を与え、雇われた労働者は低賃金にあえいでいる、ということを強調するのである。ここで、最初の選択の場面に戻るのだが、観衆がどちらを選ぶかは、言うまでもない。

これはマインドコントロールの代表的なパターンなのである。物品販売をともなうカルトは、だいたいこのパターンだといっていい。このデモンストレーションには、先にのべた環境コントロール、閉ざされた空間での一方的な情報伝達、その情報を知ったという満足感の提供がなされた。また、”仕組まれた自発性”、”純粋性の要求”という要素が組み込まれている。

選択させるのは、まさに「告白の儀式」といっていい。つまりここでは、労働者を苦しめ、環境を破壊する行為に荷担したことを自白させられているのである。

実は、自主的選択をさせていることを装ってはいるが、現実的にはよほど鈍感でなければ主催者が売り込みたい方の a.のバナナの方しか選択肢はないのである。

聖なる科学、特殊用語の詰め込みという要素もある。 参加者は、単なるバナナの即売会だと思っていたのが、いつのまにか南北問題、大企業による労働者の搾取という特定のイデオロギー教育を受けていたことになる。バナナの即売会とばかにしてはいけない。

もしかしたらあなたは、有能な革命戦士に仕立て上げられたかもしれないのである。
17:元・会員 :

2009/12/30 (Wed) 21:38:22

katuma様!

有難うございます。

私はこの第一回の募集から選考までを保管しております。
また拙宅にて記事にいたします。
16:元・会員 :

2009/12/30 (Wed) 11:17:23

>>14

詳しくお願いします。
15:katuma :

2009/12/29 (Tue) 20:53:46

噂の某新聞をスキャンしてアップしてみましたw

http://wm369.wordpress.com/2009/12/29/1228%e7%99%ba%e8%a1%8c%e3%81%ae%e8%a5%bf%e6%97%a5%e6%9c%ac%e6%96%b0%e8%81%9e%e3%82%88%e3%82%8a/
14:カルゴ :

2009/12/28 (Mon) 11:01:32

今朝の某新聞、P8-9見開きびっくり~
はるひさカッコよすw

どうか人のお金じゃなく
自分でボロい時計でも売ったお金でやってちょ

すごいいい人ぽく見えるから、
いま困ってる人の声がききたい。
私でも騙されそ。
13: :

2009/12/28 (Mon) 01:20:02

この投稿は管理者の承認待ちです
12:他教工作員とお呼びっy~ :

2009/12/22 (Tue) 08:05:28

きまぐれりんく
http://neko2.net/wildmaze184/
11:他教工作員とお呼びっy~ :

2009/12/22 (Tue) 06:32:25

いやはや、自称末端会員方のアルツハイマな電網徘徊&天然発言には、脱毛します。

神仏の恩恵を授かって、幸せな受益者になった清貧な献身会員のフリで、もっと貢げば誰でも必ず幸せになれるみたいな印象操作、というカモカモン話術。

話題そらし、論点ずらし、スレ流しで、見事に議論撹乱、会員情弱化、詐術正当化の手口。

しかも、末端会員なりすまし(時々ボロが出る?)だから、万一当局のメスが入った場合も、問題無関与を偽装でき、アリバイ工作にもぬかり名無し。

勿論、凶詛様のとてつもないカネとコネで、内外の逃亡先開拓済という奥儀で、やりたい放題…とまさに脳内天国?
10:元・会員 :

2009/12/19 (Sat) 22:57:01

>>7
半田氏が16日(水)にプノンペンの“私立”カンボジア大学の「フンセン首相-半田奨学金」授与式に出席するためです。

神事の妙に早い終了は半田氏のこの世の都合ゆえです。

詳しくは拙宅をどうぞ。
9:アルプスハイジ :

2009/12/19 (Sat) 20:13:31

管理人様、こうして書込みが出来ます事に、感謝いたしております。
ありがとうございます。

ところで、どしどしと郵便物が届きます。
今回の”愛のたまご”の前の絵が私はとても気に入ってしまいました。
題名はともかくとして、色のバランス、題材にした場面、綺麗な絵です。
深見教祖は、素敵な感性を持っていると思います。
8:他教工作員とお呼びっy~ :

2009/12/18 (Fri) 14:20:57

アルプスハイマさん、保身営業乙♪
7:アルプスハイジ :

2009/12/15 (Tue) 21:52:54

再確認です。
後期の富士箱根神業が、スピードの速さで終わってしまいましたか。
なるほど、今回はその予定について行けなかったです。
6:随神門 1字訂正 :

2009/12/15 (Tue) 11:41:37

確認しましょう。終り半田氏が本当に出口王仁三郎の後継者なのか?

確認してから神事にゆきましよう。

驚くべき事に王仁三郎はワールドメイトが出来る前からすでに似たような新興宗教ができる事
を予見していたんですね。。。。。。。。

さすがに広島と長崎に原爆が落ちる事を預言し、信徒に注意を促しただけの事はありますね
尾張半田氏の数々の当たらない預言をもってしてどうして後継者と言われるのか理解に苦しみますね

確認がとれるまで参加しないほうが無難です。

また有名な日月神示では教団の否定あらゆる宗派の否定が描かれています。岡本天明も王仁の
弟子ですよね。でも彼でさえ自分が後継者とはいってないですよ。

ほんとうに日の出神なのか、どこにそうかかれているのか、教えて下さい。

5:アルプスハイジ :

2009/12/11 (Fri) 11:29:06

確認です。
後期富士箱根神事の後期は、会員なら誰でも参加できるようですね。
4:隋神門 :

2009/12/10 (Thu) 08:06:00

訂正です。上記は霊界物語ではなく神霊界いろは神歌です。
さて伊勢白リーマン氏による教祖の本当の姿が話題になっていますが、霊界物語ではまるで開祖と教祖を思わせる二人組が登場します。霊界物語を研究しているブログの1節を紹介します。
・・高姫は霊界物語で一番多く名前が登場するキャラクターです。以前に調査したら、高姫が約5100回で第一位、二位は高姫の弟子の黒姫(くろひめ)で約2100回なので、2倍半もの大差で圧勝です。ちなみ三位は日の出神(ひのでのかみ)で約1600回でした。 霊界物語の主人公である神素盞嗚大神(かむすさのをのおほかみ)は約950回なので、その5倍以上です。見かけ上は高姫が主人公だと言ってもいいくらいです。
 しかもこの高姫は悪役です。真の主人公であるスサノオを異常なまでに敵視しており、自分が真の救世主であると思い込んでいます。我欲が強く、猜疑心が深く、ヘンテコリンな理屈をこね回して「ウラナイ教」というインチキ宗教をつくり、社会を掻き乱すという、とても強烈なキャラクターです。もう一人の黒姫ですが、たとえば、丹波村の平助の家で、娘のお(おせつ)節が病気で寝込んでしまった時、「自分は生き神だ、病気を治してあげよう」とと大言壮語して家に上がり込みます。病床のお節に「日の出の神様のお筆先」(高姫が書いた神示)を延々と読んで聞かせますが、支離滅裂な神示なので病気が治るどころか、逆にますます熱が上がって苦しみます。次に弟子の若い女二人に宣伝歌を歌わせますが、これも逆効果で病が悪化します。母親のお楢(おなら)がクレームをつけると黒姫は、「これほど結構なお筆先と宣伝歌を聞かしてあげて、それでもし死ぬようなことがあったら、神さまのお蔭だと思いなさい。何事もあきらめが肝腎じゃ」とうそぶきます。なるほど、ものは言いようですね。お節の病状がさらに悪化して危篤状態になると、「あ、神界の用事を思い出した」とワケの分からぬことを言って、さっさと帰ってしまうのです。→第17巻第9章「大逆転」・第10章「四百種病」
3:元・会員 :

2009/11/30 (Mon) 00:55:01

ご迷惑をかけて申し訳ありませんm(__)m

Eモバイルとauへの規制を残し、あとは全て解除しました。

徐々に規制していって、連中が使用できる回線の最終的な数を確認するためでした。

まあ大体分かりました。手持ちはかなり少ないようです(笑)
2:隋神門 :

2009/11/29 (Sun) 13:22:09

とつ国の醜の仇浪いや猛く、秋津島根に打寄せて、国の中分を洗ひ去り、浪花の土を汚しつゝ
五十鈴川に襲い来て、清き宮川泥と為し、御国の魂を盗まむと、深き奸計は三重県、
尾張半田に押寄せて、手配り為せる其刹那に、伊勢の神風吹起り、怒れる浪の物凄く
、心の黒き黒船の、浮瀬に沈む神罰の、忽ち来ると白人の、国の末こそ憐れなりけり。

外国の醜い波・・日本支配の謀略が猛々しく秋津島・・日本に押し寄せて国の半分まで
洗い流そうとし大阪や伊勢の五十鈴川、宮川まで泥で汚し国の御霊まで盗もうとした謀略
が尾張半田まで及んだ時、伊勢の神がお怒りになって汚い外国のしん略をひっくり返してしまう
むしろ白人の国の将来のほうがあわれである。

上記元会員さんのところでも、2chのところでも入れなかったのでさらさせてください。
霊界物語いろは歌より。ここでは尾張半田は外国の侵略のシンボルとして現されており、教組は
何をもって日の出の神とされるのか教えていただきたいです。

  • 名前: E-mail(省略可):
  • 画像:

Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.